漢方の紹介 その4

糖尿病と漢方薬の関係
柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

[徴候]私は高血圧の併発する徴候(鼓動、不安、不眠)、神経症、更年期の神経症
幼児の夜と神経症(癲癇)で無力、心身障害、動脈硬化、慢性腎炎、神経衰弱症、神経質な心臓の加速徴候
ヒステリー、高血圧、腎臓病を大声で叫びます、心臓は弱めます。

柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
[徴候]熱病(例えば風邪、インフルエンザ、肺炎、肺結核、心臓下部重圧激痛(例えば胃潰瘍)
十二指腸潰瘍、胆嚢炎、胆石、肝機能障害、膵炎、肋膜炎、神経痛、胃酸過多、肝炎、血管徴候
肋間神経痛、神経症、癲癇、潰瘍性大腸炎、腺病質、腎炎、不安神経症、チック、不眠症、中耳炎
ヒステリー、マラリア、cutanousなかゆみ)。

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)
[徴候]突然、痙攣、胃腸痙攣(痙攣)-に関する激痛、胆石症の激痛発作、腰痛
腓腹筋の筋肉(ひふくきん)痙攣(痙攣)にかかった激痛の腹痛により、痙攣は腎臓、尿膀胱結石、手足
筋肉、関節痛の痛みます。薬取得、胃の痛み、危急関連の胃痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア
50才の凝って痛い肩、筋肉リウマチ、アキレス腱激痛、月経の疝痛、痛みを伴う排尿
夜と腸疝痛状態にある赤ちゃん泣き声、膵炎、コリ、舌清廉潔白、発作的せき、痔の痛み
歯痛、腸閉塞、下肢の後の運動麻痺が歩くのが難しいという横の趣旨の、腹痛があります;破壊風壁