胃苓湯

糖尿病と漢方薬の関係
胃苓湯
「Ireito」は「古今の時代医療モデル」(コキンイカン)
泄瀉門(セッシャモン)の中国の漢民族看護にリストされる処方でした。
そして、伴奏者は「Heiisan」(Heiisan)と「Goreisan」(Goreisan)と
呼ばれている2つの規定をしました。

影響の下痢が、あります ... 日本の漢方薬(嘔吐)の水下痢特徴
口渇、尿量による次の諸症は、減少します:冷却した胃をそれを生じる食事
急性胃腸炎、腹痛販売と代表メーカーにつき熱につき下痢を生じさせられることクラシエ

[影響]理気化湿、利水止瀉[徴候]湿困脾胃(上腹部膨張
(粘着性で詰まる口)の感覚のような徴候のために水の下痢と
浮腫にかかったもの)のために、それを使います。
[親切な比較]小半夏加揆苓湯:口渇(尿減少のボリューム)を
受け入れるとき、吐き気は強くて、それを使います。
(痰飲によって過熱したリバースを得ている胃)Goreisan:尿減少量は
強く口渇を持つが、胃部不快がわずかであるときそれを使います。
口渇、尿減少のボリューム、浮腫があります(水飲内蓄)
しかし、食事(それがない腹部の膨張の感覚)の後の腹鳴のような
それを使ってください。

Rikkunshito:食欲不振を訴えるとき、感覚上腹部(胃のくぼみ)
膨張(けだるさ)のそれを使うこと。(脾虚)Hangeshashinto
上腹部(胃のくぼみ)、圧痛、膨張の感覚、胃からの雷、下痢
食欲不振の抵抗を受け入れるとき、それを使います。