安中散 影響

糖尿病と漢方薬の関係
Heiisan:鼓腸、食欲不振、上腹部(しんかぶ、胃のくぼみ)の膨張の
感覚を訴えるとき、それを使います。
(新年の装飾(過多)の処方)

Goshakusan:リスト寒さの兆しが後ろの寒さの兆しより強いとき
胃薬のためにそれを使うかもしれないが、経路で寒さの処方薬でそれを使うかもしれません。

Tokishigyakukagoshuyushokyoto:それが後ろにあるとき、久寒は処方です。
しかし、手足の寒さは強いです、そして、それは背中のケースです。
[解説]Anchusan:は寒さと冷気の飲食物で起こった腹筋(特に上腹部)の
痛みの上で、主にそれを使います。

甘草(カキ)以外の温性の薬から成ります。
そして、血液循環はそれをするならばよくなって、寒さを改善します。
そのうえ、痛みを保つ行動は強いです、そして、鎮痛の行動は最も
強いものとウイキョウです、Amomum Seedは胃腸運動を果たします。
そして、すべての薬が鎮痛に備えをするので、Corydalis Tuberは
あなたに胃と特に腸のアリ運動を正常化させます。

Anchusanに関しては、痛みを止めている温中散寒及びは、主作用です。
カツラ枝、Alpinia officinarum Rhizome、ウイキョウ
Corydalis Tuber、Amomum Seedは粘膜をすべて「温性薬」で
血まなこであるようにして、循環を強化して、胃を暖めることに効果的です。