漢方の紹介 その2

糖尿病と漢方薬の関係
漢方の紹介 その2

葛根湯加川?辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)
[徴候]鼻妨害、蓄膿、慢性鼻炎症、鼻閉

加味逍遙散(かみしょうようさん)
[徴候]卵管結紮、慢性肝炎、肝硬変が角質増殖、口内炎、弱いものの便秘、自律神経失調症
膀胱炎、尿道炎、ウエストと足首の間の長さ、不妊性、癇癪持ち(怒っているために簡単な)
更年期障害、血管徴候、月経不順、月経困難症、不眠症、胃神経症、胃アトニー症
胃下垂症、胃膨張、便秘症、発疹、神経症、流産、妊娠中絶、血管徴候の口内炎です

桔梗湯(ききょうとう)
[徴候]扁桃腺炎、アーモンド近所炎、咽頭炎、喉頭炎、肺化膿徴候、肺膿瘍、肺壊疸
腐敗性気管支炎(咳をしている、慢性の喀痰)

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
[徴候]慢性鼻炎症、慢性扁桃腺炎、蓄膿、にきび、肥大した鼻炎、鼻血、肺結核、神経衰弱
発達するむきだしの徴候、いろいろな皮膚病

桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)
[徴候]急性腸炎(コロンのカタル)を習慣をもっていて、動きを妨げられるとき
宿便と胃(痔)胃下垂、便秘、慢性腸炎、急性慢性虫垂炎

桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)
[徴候]神経痛、関節痛、慢性関節の痛み、腰痛、坐骨神経痛、慢性関節リウマチ
片頭痛、一方の麻痺、ポリオ、ポット氏病、背骨、背中の髄腫瘍