女神散

糖尿病と漢方薬の関係
女神散
Asadasの処方「アサダ身内」として知られていました。
そして、エド時代にキャンプを張っている神経症(戦争神経症)を治療するのに
「Nyoshinsan」は用いられました。
Nyoshinsanはもう一つの名前(安い栄お湯)と呼ばれていました。
しかし、女性の血兆しが用て特験(「勿誤薬宝方函口訣」)を持ったので
それは漢方薬の最後の熟練した医者であると言われている浅田宗伯による
Nyoshinsanという名前をつけられました。

影響によるものの次の諸症
ほてりと日本の漢方薬のめまい。
前に、神経症出産した後の出産、月経不順、血管徴候。

[影響]理気活血、気血双補、純粋な魂火
[徴候]気滞、力と血空虚の心火旺:ほてりの感覚のような心火旺の徴候
めまい、頭痛、不眠、苛立ち、凝った肩、鼓動と落ち込みの感覚は
その胸で圧迫されます。
そして、胃はできます。
そして、吐き気(腹痛)のような気滞の徴候において
目はベールを被っていて、麻痺で、食欲不振で、精神でなくて力と
例えばそこの血空虚の兆しで人にそれを使います。
月経不順、月経量はほとんど月経の疝痛が付随しないかもしれません。
舌の品質に関しては、頂点は濃い赤です。
[親切な比較]Hochuekkito:体力の消費は注目に値します。