胃苓湯 処置

糖尿病と漢方薬の関係
[解説]ふくらんで、駆水薬Goreisanを燥湿運脾のHeiisanと結合して
湿困運脾の湿盛によって、下痢のためにそれを使ってください。

ホオノキBark、乾燥オレンジピール、Atractylodes Lancea Rhizome
ショウガによって胃腸蠕動を促進して、消化(吸収)を強化します。
そして、水停滞以外は、それはAtractylodes Rhizome
Atractylodes Lancea Rhizome、Poria Sclerotium、Polyporus Sclerotium
沼潟の潅漑動作によって血で胃腸水をひいて、水の下痢、腹鳴、嘔吐を止めます。

そのうえ、それが消化と吸収能力の弱い人のために使われます。
Jujube、甘草、補気健脾の上の演技が入るAtractylodes Rhizome。

[処置]
★吐き気嘔吐が強いならば、Shohangekabukuryotoを加えます。
★胃(明るくなるそれを暖めるとき痛み)の寒さの時に
Goshuyutoの歌を伴うことを実行します。

それは振水音です。
そして、上腹部Slight腹痛Slightへの心下痞痛が冷却した胃を下痢を生じさせられます、

※それが、この狙いで気難しいのに必ずしも必要であるというわけではありません。
[使用の注意]便秘が厳しいとき、それを使いません。
[臨床応用]日射病、食中毒、急性腎炎、ネフローゼ、水溶性の下痢