女神散 自然法則

糖尿病と漢方薬の関係
そして、下肢けだるさ、下痢、夜発汗があります;それがないとき
心不安の、それを使ってください。 (脾虚、中気下陥)
Yokukansankachimpihange:神経学的興奮徴候は強くて、臍の左側です。
ひどいとき、鼓動の、それを使ってください。

それは、Tokishakuyakusan(力と血空虚の肝臓はポジティブな風です)です。
顔色はよくありません。
そして、腹部に対して、圧痛(そこで彼らでないとき、季肋部のために
それを使いません)があります。
Shosaikoto:右の季肋部(圧痛(胸側からの苦しみ))の抵抗があるとき
神経症状はひどくて、それを使います。
[解説]、Ligusticum acutilobum、補血活血
Atractylodes Rhizome、ニンジン、補気健脾の甘草、Cyperus Rhizome
檳榔子、Saussureaルート、自然法則心のクローブ、通陽のカツラ枝
オウレン・ツバキ、黄色の?、清心瀉火のRhubarb(San'oshashintoと結びつきます)を
結合しました。

[処置の点から]
女神散