安中散 処置

糖尿病と漢方薬の関係
カツラ枝、Alpinia officinarum Rhizome、Corydalis Tuber
鎮痛のもののカキ行為。フェネル、Amomum Seedは、反嘔吐(鎮痛の)に
従って行動します。
キケマンTuber、甘草は平滑筋とカツラ枝の激動をコントロールします。
ウイキョウ、Amomum Seedは蠕動を促進して、消化と吸収を助けます。

カキは酸性の抑制行動をします。
そして、Corydalis Tuberはわずかな落胆行動をします。

[処置]
★吐き気、嘔吐は強いです、Shohangekabukuryotoまたは
Hangekobokutoの歌を伴うことを実行します。
★腹部の膨張の感覚が強いならば、Hangekobokutoの歌を伴うことを実行します。
★苛立ちとき、落ち込みの感覚、ヒステリー反応を含む精神的ストレスが見られて
Hangekobokutoと加味逍遥散(Saikokeishito)の歌を伴うことを実行します。
★例えばそこの心空虚の兆しは食欲不振のない意志力でなくていつです。
勇気は見られます、Rikkunshito(Hochuekkito)の歌を伴うことを実行します。
★それが下痢を伴うとき、Goreisan(Rikkunshito)の歌を伴うことを実行します。